本文へスキップ

感謝の気持ちを”力”に換えて

戸塚リトルシニア

    
  • 2021年度南関東支部春季大会(4月12日更新)
    敗者5回戦:4月17日(土)瀬谷シニアグランドの第1試合(9:30)で瀬谷南シニアとの対戦です。
    敗者4回戦:4月11日(日)小田原足柄シニアグランドの第2試合(13:30)で横浜南シニアと対戦した結果、9−1で勝利しました。
     試合は、1回表1番上四元が初球をライトに大ホームランを放って応援団の度胆を抜いた。2番向原はセンター前にはじき返すと相手投手が動揺し、連続四球で満塁とした。その後ノーヒットで2点を追加し絶好の立ち上がりであった。1回裏今回公式戦初めての先発舘は、1番に右中間二塁打を打たれどうなるかと思ったが、何とか零点に抑えた。その後も、持ち前の打たせて取るピッチングで7回2アウトまで零点としたが、最後にサードのエラーでランナーを出し、連続安打で1点を失い、惜しくも完封を逃した。思わぬ楽勝であった。
    敗者3回戦:4月10日(土)田代球場の第2試合(12:00)で愛甲シニアと対戦した結果、7−3で勝利しました。
     試合は、1回表水谷が3者凡退(2三振)の立ち上がり。その裏、2アウト3塁で4番太田がレフトライン際に渋いヒットで1点を先取。3回裏には相手のミスで1点を追加。5回には2アウト満塁で6番小笠原がレフトオーバー二塁打で3点を追加した。楽勝と思われたが、ここまで好投していた水谷が6回表2アウトから3巡目の1番バッターから4番バッタ−まで4連打を浴びて3点を取られてしまった。しかし、その裏すぐに2点を取り返し難を逃れた。
    敗者2回戦:4月3日(土)横浜南シニアグランドの第2試合(12:00)で横浜都筑シニアと対戦した結果、5−2で勝利しました。
     試合は、1回裏1アウトから2番向原が右中間二塁打、3番真下はライトフライで、ランナー三塁。4番太田はデッドボール、すぐに二盗後、5番水谷は3球目を打って三塁側ピッチャーゴロ。これを相手投手が一塁に暴投し、ラッキーな2点を先制した。3回にもノーアウトで2番向原がライトオーバー二塁打。これをきっかけに2点を追加して有利に試合を進めた。投手水谷は安定した投球で、4,5回の1点ずつで抑えた。
    2回戦:3月20日(土・祝)鶴見シニアグランドの第1試合(9:00)で海老名シニアと対戦した結果、4−8での敗戦でした。
     試合は、1回表投手水谷の立ち上がりは上出来で期待が膨らんだ。しかし、2回表4番に痛烈な三塁ゴロを打たれ三塁小笠原がトンネルして二塁打にしてしまった。5番にレフト前に安打されると、一塁牽制球を一塁中田が後逸してしまい1点を献上してしまった。これに気落ちしてか水谷が乱れてしまい、4点取られた後1番に2ランを打たれるおまけまでついてしまった。計8点取られた後4点取り返したが、追いつかなかった。
    1回戦:3月14日(日)鶴見シニアグランドの第1試合(10:00)で鶴見シニアと対戦した結果、1−0(4回コールド)で勝利しました。
     試合は、1回表1番上四元のキャッチャー前ゴロをキャッチャーが足に当て一塁セーフ。2番中野の三塁ゴロを三塁手がエラーし、転がり込んだチャンスに3番真下が右中間に三塁打を放って2点を奪取。4番水谷は四球で、5番太田のショートゴロを今度はショートがエラーして、1点を追加した。その後も2回表4点、4回表4点と計11安打の長単打で11点を挙げた。投げては水谷が1安打の完封で抑えた。
    組合せスケジュール    
  • 2021年度 選手募集のご案内(3月22日更新)
     体験会は一旦終了します。参加ありがとうございました。
    【体験専用連絡先】
     ・メール : totsukasenior@gmail.com または
            totsukasenior@docomo.ne.jp

     ・専用電話: 080−8717−4400
     ・担当者 : 宮崎
緊急情報(10月26日更新)
 当チーム先輩の松本隆之介君(横浜高校)が、本日のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAから3位に指名されました。皆で応援しましょう。
2020年度一年生大会(11月23日更新)
3位決定戦:11月23日(月・祝日)海老名球場の第1試合(8:30)で秦野シニアと対戦した結果、10−9で勝利しました。
 試合は、4回終了時点で7−0でリードしていたが、5回表投手を葛西から太田に変えた。これが誤算で5点を取られて、勝敗の行くえがわからなくなった。しかし、その裏2点を追加してちょっと安心したが、6回表また記録にならないエラーで2点を取られ2点差になった。6回裏に太田のセンター前ヒットで1点を加え、10−7になった。7回表、変わった投手中田は簡単に2アウトを取ったが、その後2者連続死球を与え、再び太田に代わった。太田は立ち直れず、四球で満塁にした後、8番にフルカウントから三遊間ヒットで1点差に迫られた。しかし、次打者をセンターフライに打ち取ってゲームセットとなった。双方エラーが多く、漫画のような試合であった。
準決勝戦:11月15日(日)秦野球場の第2試合(11:00)で横浜緑シニアAと対戦した結果、2−5での敗戦でした。
 試合は、2回裏先頭打者をショートエラーで出塁させると、2アウトからレフト前ヒットで1点を先制された。しかし、3回表、1アウトから1番岡田がレフト前ヒット、2番辻はファーストフライで2アウトになったが、3番上原がエンター前ヒットで1点、4番家木のライトオーバー2塁打で2点を挙げ逆転した。ところが、4回裏レフト、ショートのエラーが出て1点を取られ同点となった。その後も守備が乱れ3点を取られてしまった。
4回戦:11月7日(土)秦野球場の第2試合(11:00)で川崎中央シニアと対戦した結果、8−2(8回地ブレイク)で勝利しました。
 試合は、4回表2番辻、3番上原、4番家木で2点を先取した。しかし、5回裏、6回裏に1点ずつを返され、タイブレイクに突入した。8回表打順よく1アウト満塁で2番辻が左中間二塁打、3点を取った。3番上原は三塁打で1点追加、4番家木はライト、5番中田はセンター前ヒットで計6点を挙げて、勝利を確実にした。投手を交代した太田は難無く零点に抑えた。
3回戦:11月3日(火・祝)瀬谷シニアグランドの第2試合(13:00)で伊勢原シニアと対戦した結果、8−4で勝利しました。
 試合は、1回表2番辻がショート内野安打で出塁後、3番上原がレフトオーバーの2ランを放った。これに相手投手が動揺し、連続四球の後、6番太田がセンター前ヒットで満塁後、7番上ケ市のセカンドゴロの間に1点を追加した。これで優位に立ち、その後も先手々々の得点で危なげなく勝利した。
2回戦:11月1日(日)藤沢シニアグランドの第1試合(9:00)で藤沢シニアと対戦した結果、3−2(8回タイブレーク)で勝利しました。
 試合は、1回裏2番辻が今日もレフトオーバーの二塁打で出塁すると、3番上原がセンターオーバーの二塁打で先良く先制した。しかし、4回表先発葛西が当然乱れ、3四球、ワイルドピッチが絡み1安打で2点を取られて逆転された。5回裏9番杉浦の二塁打、2番辻のセンターへの安打で同点とし、2−2で8回タイブレークに入った。1アウト満塁でパスボールをしたところへ三塁ランナーがホームへ突入したが、これをタッチアウト。バッターは三振で零点に抑えた。当方は2番辻がレフト前ヒットで1点を取ってサヨナラとした。
1回戦:10月25日(日)俣野球場の第2試合(12:00)で横須賀三浦シニアと対戦した結果、12−0(4回コールド)での大勝でした。
 試合は、1回裏、1アウト後2番辻がレフトオーバー二塁打で出塁すると、3番上原も左中間二塁打で1点を先制した。4番家木は四球、5番中田はライトに強烈なヒット、ライトが後逸し二塁打とした。6番太田もセンター前ヒットで計4点を挙げ主導権を握った。投手葛西はカーブのコントロールが良く、2安打完封した。
  組合せスケジュール

2021年度体験会を開始(9月28日更新)
 次年度選手の体験会を開始いたします。
BASFグランドは、企業内であるため入場時の登録が必要です。入場者全員(選手、同伴者)の氏名、少年野球チーム名、車の台数、体験時間(11:30まで、13:30まで、17:00まで)の希望を事務局山崎へ、最遅前日の午前中までにメール(nyamasa@me.com) でお知らせください。午後からの体験もOKです。8:50以降に正門にお出でください。
・打越グランドの場合は、参加者名、少年野球チームをお知らせください。駐車場をご案内します。8:30集合です。
・選手は、少年野球の恰好で来場ください。持ち物はグローブ、バッティンググラブ、飲み物、昼食、補食少々等です。

2020南関東支部秋季大会(新人戦)(9月26日更新)
●敗者戦:9月26日(土)秦野球場の第1試合(8:30)で川崎中央シニアと対戦した結果1−10(5回コールド)での完敗した。
 試合は、投手水谷は1回裏先頭打者に簡単に2ストライクを取った直後、3球目に死球を与えてしまい、悪い流れを作ってしまった。前試合と違いストライク先行で好投したが、逆に相手打者に捕まってしまった。特に2ストライクを取ってから打たれることが多かった。 
●3回戦:9月19日(土)平塚シニアグランドの第1試合(9:00)で平塚シニアと対戦した結果0−1での敗戦した。
 試合は、投手水谷の乱調でピンチの連続であった。安打を打たれたわけではなく、四死球が多過ぎた。それでも4回までは0−0。5回裏に1アウトから連続四球、ワイルドピッチで1点を献上してしまった。ヒットは6回裏の1本だけであった。当チームもチャンスは何回かあったが、タイムリーが出なかった。
●2回戦:9月6日(日)、12日(土)雨のため継続試合になった寒川シニアとの対戦は、13日(日)寒川シニアグランドの第1試合(9:00)で5−2で勝利しました。
 試合は3回表、1−1で始まった。エース水谷は3,4,5回表四球が多く、ヒットは打たれていないのに、試合は劣勢の状態。6回ついに1アウト満塁でセカンドゴロのダブルプレー崩れで、1点を献上してしまった。しかしその裏、1点リードしたためか相手投手が、先頭打者3番向原にストレートの四球を与えたことをきっかけに、2点を取って逆転した後、1番上四元が2アウト満塁でライトオーバー二塁打で2点を追加し、勝利を確実にした。
●8月23日(日)に抽選会が実施され30日から試合が開始されます。今年から、神奈川ブロックと静岡ブロックでそれぞれ予選トーナメントが実施されます。当チームは1回戦シードとなりましたので、9月6日が初戦となります。
組合せスケジュール
  • 2020年神奈川県大会代替え大会(9月14日更新)
    ●3回戦:戸塚シニアAチームは、8月16日(日)俣野球場の第1試合(9:30)で、横浜泉シニアと対戦した結果、1−8(6回コールド)での敗戦でした。また、戸塚シニアBチームは、第2試合(11:30)で、中本牧シニアと対戦した結果、1−9(5回コールド)での敗戦でした。3年生は、全日程を終了しました。
    ●2回戦:戸塚シニアAチームは、8月10日(月・祝)鶴見シニアグランドの第1試合(9:30)横浜西シニアと対戦した結果、11−9で何とか勝利しました。戸塚シニアBチームは、相模原南シニアグランドの第1試合(9:30)で、相模原南シニアと対戦した結果、10−0(4回コールド)の楽勝でした。
     組合せスケジュール

    第48回日本選手権 南関東支部予選(8月14日更新)
    ●代表決定トーナメント2回戦:8月9日(日)富士シニアグランドの第2試合(11:00)で浜松南シニアと対戦した結果3−4(8回タイブレイク)での敗戦でした。
     試合は、1回表1番持丸がレフトオーバー二塁打で出塁したものの、2番太田の右中間センターフライで、持丸がタッチアップして、三塁でタッチアウト。試合の流れをつぶしてしまった。当試合は、このような走塁、守備、打撃のミスが何件か重なったために、投手は頑張ったが、とられないで済む点を相手に与えて負けてしまった。非常に残念な試合であった。
    ●代表決定トーナメント1回戦:8月1日(土)平塚シニアグランドの第1試合(9:00)で相模原シニアと対戦した結果、8−1(5回コールド)で勝利しました。
     試合は、1回表1番持丸が四球、2番太田が送って、3番松本は1B1Sの3球目を左中間に痛烈な当たりのホームランで2点を先取した。3回表には、1アウトの後、1番持丸が左中間にヒット、2番、3番が連続四球、4番徳弘はライト前ポテンヒットで、2者が生還。2アウト1,3塁で、6番嬉野がライト線二塁打で2点を追加して計6点とした。4回表には9番笠原の待望の安打はライトにソロホームラン。5回表には6番嬉野がまたもライトにソロホームランで8点目を挙げた。投げては、宮崎が4回裏の1点に抑え、コールドとした。
     南関東支部決勝トーナメントスケジュール
    ●リーグ戦第3戦:7月23日(木・祝)寒川シニアグランドの第21試合(13:10)で、鎌倉シニアと対戦した結果、0−1で負けてしまいました。
     試合は、両チーム左腕投手での投手戦で3回終了。4回表山之内が先頭4番打者を四球で出すと、バントで2進。レフト前ヒットで1アウト1,3塁となった。7番打者にスクイズを決められ1点を先取された。6回表には、ノーアウト1,3塁の好機を作ったが、拙攻でゼロ封されてしまった。1位通過が決まっていたため油断したか?
    ●リーグ戦第2戦:7月19日(日)寒川シニアグランドの第1試合(11:00)で、寒川シニアと対戦した結果、12−0(4回コールド)で勝利しました。
     試合は、1回裏、1番持丸が四球、2番太田は死球、3番松本はライト戦2塁打で2点、その後も制球が定まらない相手投手を攻略して計5点を奪った。2回裏には、3番松本、4番徳弘を塁に置いて、5番岩崎がレフトオーバー3ランを放った。その後も2点を追加して、この回も5点を奪った。投げては宮崎と水谷が完封リレーした。
    ●リーグ戦第1戦:7月12日(日)寒川シニアグランドの第2試合(13:30)で、横浜栄シニアと対戦した結果、19−1(4回コールド)で勝利しました。
     試合は、1回表、1番持丸が右中間に強烈なライナーを飛ばし3塁打。2番太田は四球、3番松本は左中間2塁打で1点、4番徳弘はレフトオーバー3塁打で2点追加。その後も相手投手の立ち上がりを攻め、初回で打順2周で、13点を奪った。4番徳弘は2回目の打席でレフトオーバー本塁打、3回にも2ランを打った。一方3番松本も、2回表左中間に強烈なライナーで3ランを放った。結局打線好調で19点を奪った。
    ・題記の大会の詳細が決まりました。予選リーグは4チームのリーグ戦です。各ブロックの上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。
     当チームの初戦は、7月12日(日)の第2試合で、横浜栄シニアとです。第2戦は7月19日(日)の第1試合で寒川シニアとです。また、第3戦は7月23日(木・祝)の第2試合で鎌倉シニアとです。対戦グランドはいずれも寒川シニアグランドです。
    南関東支部大会7月24日ブロック戦結果リーグ戦結果

  • 入部相談会を再会します(6月19日更新)
     緊急事態宣言が解除されましたので、6月1日から条件付きで練習が可能となります。簡単な体験練習と入部相談会を6月6日(土)から再開します。なお、練習がAM9:00から12:00までとPM1:00から4:00までの分散になりますので、これに合わせてお出でいただければと思います。
     参加される方は、事務局山崎(080−3094−4124)まで連絡をお願いします。なお、参加人数が多くなるとまずいので、多くなりすぎる場合には、調整させていただきます。
     なお、今年は新型コロナウイルスの影響で入部選手が多くありません。リトルリーグを終了する選手や私立中学に通われている方々もお待ちしております。よろしくお願いします。

    ☆2020南関東支部春季大会(2月29日更新)
    ●3回戦:2月29日(土)横浜泉シニアグランドの第2試合(11:30)で、中本牧シニアと対戦です。応援よろしくお願いします。新型コロナウイルスの関係で、当分試合は実施されないことになりました。
    ●2回戦:2月22日(土)横浜旭シニアグランドの第2試合(12:00)で、横浜旭シニアと対戦した結果、14−0(4回コールド)で勝利しました。
    ●2月8日(土)に抽選会が実施されました。今年から、神奈川県と静岡県でそれぞれトーナメントが実施されます。
    組合せ日程
    • ☆鶴岡八幡宮で必勝祈願(1月4日更新)
       鎌倉駅8:00集合で、鶴岡八幡宮に必勝祈願に行ってきました。2年生もあっという間に3年生になり、5月の連休明けからは夏の大会です。もう最後の追い込みです。気を引き締めて頑張ろう。


      体験会を随時実施(3月7日更新)
       体験会は随時実施いたします。
      BASFグランドは、企業内であるため入場時の登録が必要です。入場者全員(選手、同伴者)の氏名、少年野球チーム名、車の有無、体験時間(11:30まで、13:30まで、17:00まで)の希望を事務局山崎まで、最遅前日の午前中までにメール(nyamasa@me.com) でお知らせください。
      ・打越グランドの場合は、参加者をお知らせください。駐車場をご案内します。
      ・選手は、少年野球の恰好で来場ください。持ち物はグローブ、バッティンググラブ、飲み物、昼食、捕食少々等です。

      ☆2019年度南関東支部1年生大会(10月29日更新)
      ●2回戦:10月27日(日)厚木シニアグランドの第3試合(13:00)で横浜東金沢シニアと対戦した結果、6−13(5回コールド)で負けてしまいました。
       試合は、1回裏公式戦初先発の向原が、先頭打者にいきなり二塁打を打たれ、2番打者は送りバントをアウト二したが、3番、4番に四球を出し満塁。5番は一塁ゴロであったが、これをエラーしてしまい、1点を献上すると、その後一気に6点を追加された。その後、2回に2点、5回に4点を取り返し6−8までにしたが、5回裏に5点を取られて万事休した。
      組合せ日程

      ☆クラストカップ争奪第20回記念大会(11月15日更新)
      ●4回戦:11月2日(土)瀬谷シニアグランドの第1試合(9:30)で海老名シニアと対戦した結果、0−8(6回コールド)で負けてしまいました。
       試合は、初回立ち上り制球に苦しむ相手投手から1アウトから2者連続四球をもらい、4番松本に期待がかかったが、ショートライナーダブルプレーに終わり、相手に勢いを与えてしまった。4回裏に3番に3B1Sからソロホームランを打たれて先制された。5回裏に5点を取られた後、6回裏には2アウト一塁から2ランを打たれ、8点目を取られた。当方は金刺の1ヒットに抑えられた。
      ●3回戦:10月26日(土)横浜泉シニアグランドの第1試合(12:30)で秦野シニアと対戦した結果、5−1で勝利しました。
       試合は、1回表簡単に3者凡退した後、1回裏先頭打者に二塁打を浴びた。2アウト三塁となったが、4番にまたも二塁打され1点を失った。2回表1アウトから5番岩崎の当たりは投手左前にボテボテ。これを相手投手の足がすべり、一塁に暴投で岩崎は二塁に進塁した。6番金刺、7番坂井の連打で1点を返し同点。2アウト三塁で投手ワイルドピッチで2点目を取って逆転した。5回表、1アウト二、三塁で、3番徳弘の当たりはライト方向のフライであったが、上手く風に乗せ3ランとした。投手宮崎は2回以降立ち直り2四球だけのノーヒットに抑えた。
      ●2回戦:10月20日(日)小田原足柄シニアグランドの第3試合(13:00)で、平塚シニアと対戦した結果、6−5(6回時間切れ)での辛勝した。
       試合は、1回裏、先発山之内が先頭打者にセンター前ヒットを打たれると、2番に四球を出し、4番、6番にライト前ヒットを打たれて2点を先取された。しかし、2回表1アウトから5番坂井がライト前ヒット、6番岩崎が死球で出ると、7番金刺がライト前にヒットして1点を返した。また、8番中俣のスクイズで2点目を取って同点とした。3回表には、無死で1番持丸がライト前ヒット、2番太田の送りバントをピッチャーがエラーしてノーアウト2,1塁、3番徳弘がバントで送った後、4番松本は死球で満塁となった。5番坂井は三振したが、6番岩崎が満塁ホームランで4点を挙げ6−2とした。しかし、5回裏に1点を返されると、6回裏には替わったピッチャー岩崎がボークで2点目を取られ6−5になったが、後続を何とか抑えて薄氷の勝利を収めた。
      ●1回戦:9月29日(日)横浜泉シニアグランドの第1試合(9:30)で、座間シニアと対戦した結果、11−0(4回コールド)で勝利しました。
       試合は、1回表1番持丸がセンター前クリーンヒットで出塁すると、2番坂井はショートゴロであったが、3番徳弘は左中間にホームラン性の二塁打で1点先取。4番松本は文句なしの左中間大2ランで3点を取った。その後も相手投手を攻めて、計9点を挙げた。
      ●開会式:9月28日(土)裾野球場で9:00から開始されます。なお、開会式の後10:30頃から、第20回の記念大会のため、静岡県、神奈川県から各16名の選手を選出して、オールスター戦と称し対抗戦が開催されます。当チームからは松本ジョセフ君が選出され出場します。なお、監督・コーチは昨年度神奈川県大会を制した当チームの吉島監督、中村コーチ、遠藤コーチが務めます。
      組合せ日程

      ☆2019南関東支部秋季大会
      (9月17日更新)

      ●敗者4回戦:9月14日(土)瀬谷シニアグランドの第1試合(9:30)で、瀬谷シニアと対戦した結果、5−7で負けてしました。
       試合は、1回表相手投手の立ち上がりを攻めて2点を先取した。また、3回表には3番徳弘の2ランで4点差とした。4回裏に犠牲フライで1点を返されたが、5回表には替わった投手から4番松本がソロホームランを放ち再度4点差にした。しかし、その裏投手宮崎は、9番バッターにストレートの四球を与えると、不運なヒットもあり、一挙4点を取られて同点とされた。また、6回裏には2アウト一塁で3番にホームランを打たれ万事休した。
      ●敗者3回戦:9月8日(日)富士シニアグランドの第2試合(11:00)で、静岡中央シニアと対戦した結果、10−1(5回コールド)で勝利しました。
       試合は、1回表今日公式戦初先発の山之内は、プレッシャーからかストライクが入らず、1,2番四球。3番はライトフライに打ち取ったが、4,5番に四球を与え押出しで1点を先制された。1アウト満塁で相手6番のスクイズは捕手中俣の左後ろへの小フライとなり、三塁走者もアウトにして1点で終わった。このプレーが本試合の勝利を導いた。2回裏1アウトで5番岩崎がショート左への内野安打で出塁すると、6番金刺がライトオーバー二塁打で同点、8番代打嬉野はライト線二塁打で逆転した。3回裏には、7番坂井がライトに3ランを放ったりで、計5点を挙げた。3回表から交替した投手宮崎は、3回を1安打に抑えた。
      ●敗者2回戦:8月31日(土)平塚シニアグランドの第1試合(9:00)で、伊勢原シニアと対戦した結果、10−7(6回時間切れ)で勝利しました。。
       試合は、前半ほとんど負け試合の流れで、3回終了時0−4とリードされた。4回表1アウトから4番松本の当たりは左中間50pでホームランという大飛球の二塁打。5番岩崎は2ストライクからレフトオーバーのホームラン。この2点で息を吹き返えした。この回計3点を挙げたが、その裏またも1点をとられた。しかし、5回表1アウトから疲れの見えた相手投手を攻め怒涛の勢いで5点を奪って逆転した。6回には今日大活躍の4番松本がレフトに文句なしの2ランを放って勝利を確実にした。
      ●2回戦:8月25日(日)厚木シニアグランドの第1試合(9:00)で、厚木シニアと対戦した結果、4−6で負けてしまいました。
       試合は、1回裏2アウト満塁になったが、タイムリーが出ず無得点に終わった。しかし、3回裏2アウトから3番徳弘が四球を選ぶと、4番松本がライトオーバーの二塁打で1点を先制した。しかし、4回表1アウトから3番に四球を与えたが、4番のショートゴロで併殺かと思われたが、セカンドエラーで1,2塁にしてしまった。その後5,6番に連打を浴びたり、犠牲フライなどで4点を与えてしまった。だが、5回裏1アウト二、三塁でまたも4番松本がレフトオーバーの二塁打で2点、金刺の右中間二塁打で、計3点を取り返して同点とした。しかし、喜びは束の間で6回表投手宮崎は2三振で2アウトを取ってから、1,2,3番に連打され2点を取られ逆転された。
      ●1回戦:8月18日(日)田代球場の第1試合(10:00)で、横浜緑シニアと対戦した結果、9−7接戦で勝利しました。
       試合は、1回表3番徳弘のセンター前ヒットで1点を先制した後、4番松本が左中間に2ランを放って幸先よく3点を取った。しかし、その裏先発宮崎も先頭打者にヒットを打たれ、2点を取られてしまった。しかし、2回表すぐに1点を取ってリードした。しかし、4回裏2アウトから長短打を3本連打されて2点を取られ同点とされた。しかし、5回表にまた1点を勝ち越したが、5回裏またもや2アウトから1点返され同点とされた。7回表、疲れの見えた相手投手から3個の四球をを得て5番岩崎がレフト横に強烈な二塁打で1点、2アウト満塁で西が右中間に走者一掃の二塁打を打って計4点を取った。これで安心したが、7回裏2アウト一、二塁からサードのエラー、今日4安打目の相手1番にショート横の安打で2点を返され、なおも二塁、一塁。相手2番打者は左中間に大きな当たり。レフト徳弘がぎりぎり追いつき捕球し、何とか勝利をものにした。投手宮崎は暑い中何とか7回を完投した。
      組合せ日程

_戸塚リーグ

_アクセスカウント

    

今までの累計

    

    (本日は

   

_協力スポーツ店

_連絡先

事務局長 山崎
TEL/FAX: 045-821-5722
携帯電話: 080-3094-4124
携帯メール:
 nyamasa@me.com

insta